×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックによる遠視治療


安心、安全なレーシックのクリニック紹介

近視治療として有名なレーシック

レーシックといえば、眼球にレーザーを照射し、目の屈折異常を矯正して視力を回復させるという方法です。外科的な手術ですが数十分もあれば完了するもので、手軽に視力が回復する手術として最近知られてきました。ところがこのレーシック、近視を治療するものだと誤解している方も多いようです。レーシックは近視治療だけでなく、遠視の治療も可能なのです。日本でレーシックは2000年頃から普及してきました。これは、日本でレーシックが認可された年です。それまでは、日本では近視治療、遠視治療ともにレーシックは認可されておらず、欧米や海の上などで行われていたのです。レーシックは認可された後も手術費用が高価だったことがあり、すぐには広まりませんでした。スポーツ選手など視力がものを言う職業の方などに行なわれている程度だったそうです。その後、こうしたスポーツ選手などが広告塔になり、現在では広く認知され、価格も手ごろになり、広く知られるようになりました。レーシックは近視の方だけでなく、遠視でも受けることができるので、遠視の方もクリニックに相談してみるといいでしょう。

レーシックによる遠視治療

レーシックによる遠視治療ですが、まず、目に点眼麻酔をかけます。その後、角膜を薄くはがしフラップを作成します。角膜をはがした眼球にレーザーを照射し、フラップを戻し完了です。一口に言ってしまうと簡単な仕組みですが、最新技術の機械を導入していないと不可能な治療方法です。海外ではレーシックによる治療は日本円で40万円程度かかることもあるようです。それが日本では現在、20万円程度で可能になっているので、海外と比較するとレーシックはより手軽なものになっていると言えますね。

遠視治療受けるクリニックの選び方

レーシックを受けるクリニックを選定する際は、いくつかのことを確認してください。一つ目は、そのクリニックの実績です。実績の多いクリニックでレーシックを受けることをおすすめします。ただし、大手のクリニックは執刀医の経験になるので、事前の検診やカウンセリングの際に確認をしておきましょう。クリニックによっては実績豊富な院長が自ら執刀してくれるケースもあります。そうしたクリニックでレーシックを受けるようにしましょう。二つ目はカウンセリングに力を入れているかどうかという点です。大切な目の手術ですから安心して任せられるクリニックでレーシックを受けたいものです。しっかりとしたクリニックであれば、カウンセリングやインフォームドコンセントに力を入れているはずです。不安が解消できる前に、レーシックを進めるようなクリニックでは治療を受けてはいけませんよ。最後に価格です。レーシックは自由診療なので価格は各クリニックが独自で決めています。そのためバラバラです。いくつか候補を決めて後は価格で選択するというのも一つのです。ただし、レーシックの費用だけでなく、他の価格もよく検討しましょう。検査代などもかかる場合があるのでトータルの価格を比較しましょう。


神奈川クリニック レーシック | 錦糸眼科 レーシック | 品川近視クリニック レーシック | 神戸クリニック レーシック | リンク集|123 | 456